ドアリモに顔認証 新スマートドア登場

YKKAPのリフォーム用玄関ドアが新スマートドアになります


「ドアリモ D30」に業界初の顔認証の機能が新たに追加され専用アプリによる施解錠も可能とのこと、従来のICタグチップを使用したピタットキーとポケットキーも機能向上することになりました。

顔認証は10月25日より発売開始。機能向上した従来のピタットキー、ポケットキーは8月23日からと言うことです。

カードやシールを使用したピタットキーですが大きく変更となりました。
まず、カードやシールではなく非常用キーを内包したICタグキーと呼ばれるものになるそうです。使用方法は変わらないようです。ボタンを押した後にICタグキーをかざし施解錠します。

顔認証については賛否分かれることになる気がしますが、室内外ユニット内の2つの内蔵カメラによって顔を立体的に捉える生体認証「3D認証」でダミーや写真による不正解錠を防止するようです。iPhoneのFace IDのような機能ですね。



かつて指紋認証もありましたが当時の精度もあまり高くなくて主流とまでは行かなかったですし、今時もう十分に技術もこなれていますからかなり期待していいと思います。非接触での認証というのもコロナ禍の今の時代に合っていますし。

また、専用アプリでの施解錠もOKとのことで、スマートフォンとの接続方法は詳細が出てきていないので分かりかねますが、Bluetoothなら、おそらくLIXILのファミロック同様、日本一シェア率の高いiPhoneでの動作が可能となるでしょう。
音声ガイダンスも付くみたいです。だんだんIoT化が進んできます。

リフォームでは今のところ、YKKAPのドアリモ一択となります。問題となるのはやはりお値段でしょうかね。参考価格がありましたが顔認証キーとポケットキーの差額が約8万円程でした、スマートフォンのように浸透していくのか楽しみにしています。

そして、我々サッシ屋も最新の理解力が求められることになってきて大変ですが勉強して頑張りたいと思います。
 

施工事例

お役立ち情報

お問い合わせ