古くなった浴室ドアを交換しませんか? サニーセーフII

お風呂ドアのお話です。

お風呂のドアは水回りに近いと言うことと、使用頻度が多いため傷みやすくなってしまいます。レールから外れてしまったり、きちんと閉じなかったりして浴室全体よりも、浴室ドアだけ先に壊れてしまい取り替えしたいご要望が御座います。
意外と簡単に交換できるのでご紹介します。

※出来るだけ対応させていただきますが、中には取付できないタイプの浴室もありますので、現調時に判断させていただきます。

工事方法にはアタッチメント工法 (四方アタッチか上下アタッチ) とカバー工法、そして限定的になりますが既存がYKK AP製品だった場合で尚且つ折戸のとき、ドア本体のみの交換が可能になる場合があります。


当社推奨は折戸 Sタイプアタッチメント工法 (四方アタッチメント工法) での取付となります。


採寸は別として、実際にかかる時間は平均して3時間前後で仕上がります。施工当日は、シーリング周りだけ気をつけて頂ければ使用可能です。
アタッチメント工法のメリットとして短い時間で施工完了することですが、デメリットして元の枠が完全に隠れないので、枠周りもキレイにしたい場合はアタッチメント工法ではなく、カバー工法での施工をお勧めします。(カバー工法でも一部は隠れません)

カバー工法の場合は現場合わせの切断や加工が必要となるため時間はもっとかかることがデメリットでしょうか。

ご相談・お見積もりなどお気軽にお問い合わせください。
→お問い合わせはこちら←