リフォーム商品

台風対策 シャッター・雨戸・面格子

○想定を遥かに超える近年の大型台風


年々、大型台風による被害が以前のものより大きくなってきています。シーズンになる前に対策はやっておいた方がもしもの際の安心感が高まります。

大型台風での住宅の弱点はやはり窓周りです。わずか数ミリ厚しかないガラスが割れてしまうと危険ですし、当然雨風に晒されてしまい水が侵入すると後でカビが発生したりします。

強風で屋根瓦や植木鉢、バケツ、木の枝などが飛んできてガラスに直撃し破損してしまうことは致命的です。そして家も傷んでしまいます。
実際に台風の過ぎた後には、ガラス修理、シャッターや雨戸のご相談はとても多く、すぐには対応できないことも多くあります。

取り返しのつかないことがないようにしっかり事前に対策を行いましょう。

○窓周りの強化とは?


窓ガラスを飛散防止効果のある合わせガラス(二枚のガラスの間に特殊なフィルムを挟み込んだもの)タイプのものに交換したり、雨戸やシャッターが付いていると窓ガラスの破損はほぼ防げます。

しかし、実際にはシャッターが付いているにも関わらず使用せず台風でガラスが割れてしまったから修理してほしいという事例はかなり多かったりします。それでは元も子もないことになってしまいますので、各自の大型台風の危険に対する意識が必要です。





シャッターや雨戸、面格子は今お使いの窓に後付けで取付することも可能です。今まで諦めていた納まりにもかなり対応ができる様になってきています。心配でしたら現調にお伺いしますのでモリタケウインドセンターへ気軽にお問い合わせください。

→お問い合わせ

○いろいろな納まりに対応したかんたんマドリモシャッター・雨戸とは


シャッターを今お使いの窓の上から取付けして、最近の大型台風に備えましょう。
YKKAPから発売している、「かんたんマドリモシャッター・雨戸」は今まで取付が困難で諦めていた雨戸付きサッシや片入角にあるサッシ、そして軒があり干渉して付かなかった窓など以前にお断りさせて頂いていたケースにも対応しています。

シャッターは手動式やリモコン電動式だけでなく「耐風シャッターGR」という台風や強い風に対する今まで壊れやすかった箇所の徹底検証を行い、従来のものより耐圧風圧性能を強化したモデルもラインアップ。



かんたんマドリモシャッター 納まり対応一覧

【片入隅】
窓の横に余裕がなくてもOK
【ボックス下げ】
窓の上に余裕がなくてもOK
取付スペースは窓の端から85mm開いていれば大丈夫です。
片入隅やボックス下げにも対応しています。
ボックス下げ片入隅
シャッターボックスを下げて取り付けるため、室内側からボックスの裏側(室外側と同色)が見えます。
・サッシ上端から85mmの取付スペースがあればOKです。
・窓が壁と接していても大丈夫です。
【土間用】
・窓の下が土間やデッキに接していても)OK
窓の横・上に余裕がなくとも大丈夫。デッキや土間納まりにも対応

【くらしのスタイルに合わせて選べる かんたんマドリモシャッター】

・従来比1.5倍の耐風圧性能1,200Pa(負圧)で窓を守る強固な耐風シャッターGR

・シャッターを閉めたまま採光や採風のできるリモコンスリットシャッターGR

・リモコンが標準装備のリモコンシャッター

・オーソドックスだけど基本性能を備えた手動タイプ

【今ある窓はそのままに、新しい雨戸をプラス】

シャッター、雨戸共にカラー展開も豊富です。もっと詳しいことや料金のことなど専門のスタッフが丁寧に対応いたします。詳しくはモリタケウインドセンターまでお問い合わせください。

飛来物に面格子や目隠しも有効です。

窓ガラスの外側に設置するため、飛来物と窓ガラスが直接ぶつかることを防いでくれます。

○台風が来てからでは間に合いません!

当然のことですが、台風が来てからではガラスにガムテープを貼ることくらいしかできません。また、すぐにガラスを直すことも難しいため数日あるいは数週間ガラスが割れたまま過ごさなくてはならなくなってしまいます。

是非、台風シーズンが来る前に余裕を持ってご検討ください。

YKKAP スマートコントロールキーについて

スマートコントロールキーとは?


YKKAPのかんたんドアリモや新築用玄関ドアでAC電源や電池で錠の開閉ができる玄関ドアのこと。
電気錠と一般的に呼ばれてます。

大きく分けてAC100V電源のものと電池タイプの2つに分かれます。更に、それぞれリモコンキー (カードキー、シールキー付)カードキー (シールキー付) のみのタイプがございます。


【AC100V式のタイプ】


メリット

ドアホンとの連動が可能。
専用の機器が必要ですが、鍵の閉め忘れ防止の戸締りの通知やGPS通知、家族が鍵を開けた時の通知などをスマホで受けられたりするmimott が使える。 (ここでは触れませんが) 
カードキー (ピタットKey) の場合ハンドルのセンサーにカードをかざすだけで開閉出来ます。1アクションのみ

デメリット
宅内配線が必要となります。
電池が切れる心配がないのであまり気を遣う必要はありませんが、停電時にはもちろん動作しません。
リモコンキー (ポケットKey) には非常用のキー 「従来の鍵」が内蔵されていますので安心ですが、カードキー (ピタットKey) の場合外から開けられません。付属の非常用のキーは常に別に持ち歩く必要があります。


【電池式のタイプ】


メリット

上の逆になりますが、停電時には関係なく施解錠可能です。配線工事がいらないので工事が簡単。

デメリット
電池が切れます。単3形アルカリ乾電池4本で1日に10回施錠・解錠した場合、リモコンタイプなら約1年間、カードキーなら約1.5年間使用できます。
カードキーの開け閉めはまずセンサーのボタンを押してからカードをかざすという2アクション必要。



ドアリモでリフォームされる場合モリタケでは電池式の割合が多いです。

今までリモコンキーと呼んでいたものはYKKAPかんたんドアリモではポケットKeyと言い、
カードキーはピタットKeyというのが正式名称ですがここではわかりやすいように引き続きそのままで説明します。

ではリモコンキーとカードキーを比べてみましょう。



【リモコンキー仕様】

ドアリモでは標準でリモコンが2つ、カードキーが2枚そして貼り付けて使えるシールキーが1枚、非常用キーがリモコン内蔵のものが2本と単体で3本の合計5本付いてきます。シールキーはカードキーと同様なものと思ってもらって大丈夫です。

リモコンキーは通常ポケットや鞄に入れっぱなしで使用できます。そのままハンドルのボタンを押していただければ施錠、解錠動作します。なので、荷物を持ったまま家に帰ってきたときにはもう鍵を探す手間もありません。リモコンキーの操作範囲は約3mです。もちろん施錠、解錠ボタンもついていますので、リモコンのボタンをポチッとして頂いても操作できます。

その他リモコンキー仕様だけ、お使いのスマホ (iPhoneを除く)がお財布ケータイ対応機で楽天Edyアプリがイントールされていれば追加費用なしでキーとして使用できるようです。
※iPhoneを使用されている方が多いと思います。最近の機種はフェリカが使えるのですし楽天Edyのアプリも提供されていて、もしかしたらと思い色々と調べて見たのですが、Appleが提供するおサイフ機能の仕様が違うらしくやはり現状ではまだ無理なようです。


【カードキー仕様】

その名の通りカードサイズですので、定期入れなどに入れて嵩張らず持ち運びができます。
AC100V電源タイプの場合と電池式の使い勝手が違います。AC100電源の場合ドアハンドルに近付けるだけで施解錠しますが、電池式の場合ハンドルにボタンがあるので先にボタンを押してからそのボタンにカードをかざして施解錠します。



【シールキー】

リモコンキー仕様には1枚、カードキー仕様には2枚付いてきます。小さな1cmないくらいのシールキーですので防犯ブザーや携帯など普段持ち歩くものに貼り付けてご使用されると便利と思います。使い方はカードキーと同様になります。



今、モリタケウインドセンターではカードキーがプラス1枚もらえる!WEB限定で玄関ドアキャンペーンを行っています。
→詳しくはこちらへ←


○便利な連動施錠

上部・下部錠ともに解錠の状態の時、上部錠を非常用キーまたはサムターンで施錠すると下部錠が連動して自動的に施錠します。解錠時は連動しません。それぞれ個別に解錠してください。

○安心!ピッキング防止機能

例えば上下どちらかがピッキングにより解錠されてしまったとしても、もう一つが解錠され扉が開かれるまで50秒以内でなければ先に解錠された方が自動的に再度施錠されます。




【自動施錠と誤動作防止機能について】

工場出荷時点では自動施錠なしに設定されています。設定することによって初めて自動施錠は機能します。

○自動施錠

扉が閉じた時に自動で施錠されることです。室内に鍵を置いたまま外に出て扉を閉めると所謂、閉め出しされてしまいますので注意が必要です。

これにはルールーがあり、リモコンキーやカードキーで開錠した後にドアを閉めると自動施錠が働きます。その後リモコンやカードキーを室内に置いて外に出てドアが閉まってしまうともう入る事はできないので十分に注意が必要です。

非常用のキーやサムターン、操作盤付インターフェイスユニット (AC100V式の場合) で解錠した場合とリモコンやカードキーで解錠後扉を25秒以上開いたままにすると自動施錠されません。

○誤動作防止機能

リモコンキーやカードキー、シールキーで解錠後25秒以上扉が開かなかった場合には誤操作と認識され自動に施錠されます。これは上記の自動施錠ではありません。異なる機能です。


弊社では工事完了後にリモコン・カードキーの設定をさせていただきますが、基本的には自動設定はお勧めしていません、今のところお施主様からの希望もありません。もちろん良くある「うっかり閉め出し」の不安があるからですが。


※もしもの場合※

家族の誰かが鍵 (リモコン、カード、シール)をなくしてしまったら?
その場合、残っているお手元の鍵だけで再登録してしまえば、なくしてしまった鍵はもう使用できなくなりますので安心です。

鍵 (リモコン、カード、シール) を増やしたい場合は?
リモコンは最大8台まで、カード、シール、楽天Edyは合わせて12枚まで登録できます。


古くなった浴室ドアを交換しませんか? サニーセーフII

お風呂ドアのお話です。

お風呂のドアは水回りに近いと言うことと、使用頻度が多いため傷みやすくなってしまいます。レールから外れてしまったり、きちんと閉じなかったりして浴室全体よりも、浴室ドアだけ先に壊れてしまい取り替えしたいご要望が御座います。
意外と簡単に交換できるのでご紹介します。

※出来るだけ対応させていただきますが、中には取付できないタイプの浴室もありますので、現調時に判断させていただきます。

工事方法にはアタッチメント工法 (四方アタッチか上下アタッチ) とカバー工法、そして限定的になりますが既存がYKK AP製品だった場合で尚且つ折戸のとき、ドア本体のみの交換が可能になる場合があります。


当社推奨は折戸 Sタイプアタッチメント工法 (四方アタッチメント工法) での取付となります。


採寸は別として、実際にかかる時間は平均して3時間前後で仕上がります。施工当日は、シーリング周りだけ気をつけて頂ければ使用可能です。
アタッチメント工法のメリットとして短い時間で施工完了することですが、デメリットして元の枠が完全に隠れないので、枠周りもキレイにしたい場合はアタッチメント工法ではなく、カバー工法での施工をお勧めします。(カバー工法でも一部は隠れません)

カバー工法の場合は現場合わせの切断や加工が必要となるため時間はもっとかかることがデメリットでしょうか。

ご相談・お見積もりなどお気軽にお問い合わせください。
→お問い合わせはこちら←
 

施工事例

お役立ち情報

お問い合わせ